ニュースの教え
ニュースサイトで見つけた気になるニュースを、独特の切り口で紹介しています。
01 | 2017/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチローが嫌い・・・
大リーグ・マリナーズのイチローのWBCでの決勝打、あれはすごかったですね。
おめでとうございます。

あれはイチローが大リーグに挑戦した最初の年の2001年7月。
ナ・リーグの先発はあのランディ・ジョンソン(当時ダイヤモンドバックス)。対するア・リーグのトップバッターはイチローでした。
もちろん大リーグに挑戦したばかりで、本人のプレッシャーは第三者が思うよりはるかに重かったでしょうし、いくらお祭りのオールスターとはいえピリピリするのは理解できます。

1球目、ジョンソンの投じた速球をイチローが見事にはじき返し、痛烈な打球が一塁線を抜けた、かに見えました。
心の中で叫びました。いい当たりだったなあ。。。と

が、一塁手が横っ飛びに打球をキャッチ、二塁打は確実と思われたのが、間一髪セーフの内野安打になりました。相手はあのジョンソン。すごいです。
いきなりオールスター戦に選ばれたイチロー。

その後、数十人が詰め掛けた記者会見での質問のときのことです。
ウィスコンシン州ミルウォーキーで開かれたオールスターのときも、日本人記者に対する「距離」のようなものを感じましたが、ある記者もいつも、同じ感想を話していましたし、ある大作家は対談の企画でイチローが帽子をかぶったまま一度も脱ごうとしないので「失礼だ」と席を立ったそうです。

抜ければよかったのになあ…」などと思いながら、イチローに「打った瞬間は『抜けた』と思ったと思うのですが、止められて何を考えましたか」とある記者が質問しました。

イチローから返ってきた答えは、「どうでもいいことです」。
「は?」と聞き返しましたが、またしても返ってきたのは「どうでもいいことです」でした。
「何ぼなんでもその答えはないやろ!」。
それでも、こちらの心の中には決定的な印象が焼きついてしまいました。

イチローは年間ヒット数の新記録を作るなど輝かしい成績を残し、さらにメジャーリーガーとしての地位を揺るぎないものにしています。
ホームラン性の当たりを脅威のジャンプで捕球する美技。
レーザービームと呼ばれる矢のようなホームへの送球。
野球の醍醐味を見せてくれます。
その実力は野球にうるさいアメリカ人もが認め、絶賛するところです。
まさに日本の、そして日本人の誇りです。これはまちがいありません。

が、しかし、それでも私はイチローが嫌いのようです。
スポンサーサイト

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

守護神ダルビッシュ!世界を震わせた20K
22歳、日本の若きエースが世界にその名をとどろかせた。
ダルビッシュ有。
“守護神ダル”が「胴上げ投手」になった瞬間だ!!
ロサンゼルスの夜空にその両腕を突き上げた。
ウイニングボールを手にした城島と固く抱き合うと、1メートル95の長身は歓喜の輪にのみ込まれた。

「窮地に立たされたことも、みんなで盛り上がったこともあったけど、勝って全部が報われた。」

5試合で計214球。
「僕が勝利投手です…」。
ダルビッシュはそう言って先発・岩隈に苦笑いで頭を下げた。

決勝戦、3-2リードの九回、再び“守護神”としてマウンドにあがった。大会を通じて“一人3役”でフル稼働。藤川から調整法などアドバイスを受けながら、人生初の大役を全うした。3月24日生まれの長男へ「世界一」という最高のプレゼントも贈った。

世界一をつかんだ歓喜の瞬間は、日本時間の24日午後2時半過ぎ。転がり込んだ白星は、くしくも1年前の3月24日、午後2時1分に誕生した長男へ最高の誕生日プレゼントになった。2回1失点も5奪三振、MAXは球場のスピードガン表示で100マイル(約161キロ)をマークした。
最後は鄭根宇(チョン・グンウ)をスライダーで三振斬り。
20奪三振は1大会の最多記録だ。
延長十回、イチローの勝ち越し打が飛び出す。同点に追いつかれたが、十回はきっちりと抑え、サムライジャパンを歓喜に導いた。

セレモニーの後、スタンド最前列にいた夫人の紗栄子さん(22)から「お疲れさま」と声をかけられると、顔をくしゃくしゃにした。
「1点取られたとき、なんて奥さんと顔を合わせよう、と思っていたんですけど…。最後は勝ててよかった」。

テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

飯が美味い北京オリンピック!
北京五輪選手村に一番乗りした競泳男子平泳ぎの北島康介選手が絶賛したものが、なんと選手村で出されている食事関係!!

「これまで、色々な選手村を体験したが、メシは一番うまい。感動した」と、練習から帰ってきた北島康介選手が絶賛。ご飯は非常に美味しく、ぱさつかないし硬くもないし、日本人が食べても美味しく食べれるるという。

かなり心配されていた中国の食事関係も一安心ってところですかね。

テーマ:北京五輪 - ジャンル:スポーツ



365fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。