ニュースの教え
ニュースサイトで見つけた気になるニュースを、独特の切り口で紹介しています。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語版キンドル:ipadよりキンドルを消費者は選んでいる?(米国調査)
日本版キンドルはいつ発売されるのでしょう?

アメリカでは、アマゾンが販売するキンドルなど電子書籍リーダーの普及率が、ipadなどのタブレット端末の普及率を追い抜いたそうです。
調査では、成人アメリカ人のうち、タブレット端末(iPadやモトローラの「Xoom」など)を持っていたのは7%、電子書籍リーダーは6%と、タブレットの方がわずかばかりですが、多かったそうです。

CNNによると、「アップルはこれまでに2500万台以上のiPadを販売し、タブレット市場で圧倒的なシェアを持つ。一方、電子書籍リーダーを販売しているアマゾンとバーンズ&ノーブルは販売台数を明らかにしていないものの、アナリストによれば、アマゾンの「キンドル」の販売台数は今年だけで1750万台に達する見通し。」

また、値段を比較すると、下記の通りとなり、本を読むだけだったら、機能を限定したキンドルなんかでも全く十分な気がする。

キンドル:114ドル
iPad2:499ドル

まぁ、日本でキンドルが発売されるためには、日本独特の出版業界の複雑な利権構造を解体しないことには始まらないと思いますので、まだまだ先のような気がします。アマゾンさん、消費者の利便性のためにも、日本の出版業界に風穴を開けてください!!

アメリカ旅行に行ったときに、カフェなんかで結構キンドル読んでる人がいましたが、コーヒー片手にコンパクトなキンドルを持つ外人さんが、また結構似合うというか、格好良かったです。


スポンサーサイト

テーマ:テクノロジー・科学ニュース - ジャンル:ニュース

New!ハチロク
あのハチロクがついに復活!!
トヨタさん、やってくれましたね~。

トヨタ自動車の“伝説の名車”をオマージュした「FT‐86Concept」が東京モーターショーでお披露目されることになるそうです。

車名の「86」は、共通車台番号が「AE86型」ということから俗に“ハチロク”と呼ばれ、1980年代にヒットした「カローラレビン」「スプリンタートレノ」からきたものだそう。

このクルマが起爆剤となってトヨタスポーツブランドの再生、ひいては若者のクルマ離れに、一石を投じることになるだろうか。
そんな伝説の名車を復活させる背景には、国内市場の縮小と、その一因である若者のクルマ離れに歯止めをかける狙いがある。

先代ハチロクの当時の価格は160万円前後。そこまで安くなるかは未定だが、「新・小型FRスポーツ車の価格は300万円はもちろん切り、250万円前後、さらにはそれ以下を目指したい」。
市販の際のメインターゲットは当然、往年のハチロクファンだが、その先のクルマにあまり興味のない層まで裾野を広げる意向で、価格が焦点になりそうだ。

ハチロクは、操縦性は高いが安価なスポーツカーとして、生産中止となって久しい今なお根強いファンを持ち、90年代後半からは「頭文字(イニシャル)D」という漫画に登場した影響から日本のみならず米国でも新たなファンを生み、中古車はプレミア価格が付いている。

この車はトヨタとスバルが共同開発し2011年末に市場投入する小型FR(フロントエンジン・リアドライブ)スポーツ車のコンセプトカーで、水平対向エンジンを搭載し、キビキビとした走りが特徴らしい。

企画発案は3年ほど前から始まり、豊田章男社長も開発に期待。
試乗の際にはテストドライバーの経験から、クルマの乗り味について意見したというらしいから、おおいに期待ができそうだ。


テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

イチローが嫌い・・・
大リーグ・マリナーズのイチローのWBCでの決勝打、あれはすごかったですね。
おめでとうございます。

あれはイチローが大リーグに挑戦した最初の年の2001年7月。
ナ・リーグの先発はあのランディ・ジョンソン(当時ダイヤモンドバックス)。対するア・リーグのトップバッターはイチローでした。
もちろん大リーグに挑戦したばかりで、本人のプレッシャーは第三者が思うよりはるかに重かったでしょうし、いくらお祭りのオールスターとはいえピリピリするのは理解できます。

1球目、ジョンソンの投じた速球をイチローが見事にはじき返し、痛烈な打球が一塁線を抜けた、かに見えました。
心の中で叫びました。いい当たりだったなあ。。。と

が、一塁手が横っ飛びに打球をキャッチ、二塁打は確実と思われたのが、間一髪セーフの内野安打になりました。相手はあのジョンソン。すごいです。
いきなりオールスター戦に選ばれたイチロー。

その後、数十人が詰め掛けた記者会見での質問のときのことです。
ウィスコンシン州ミルウォーキーで開かれたオールスターのときも、日本人記者に対する「距離」のようなものを感じましたが、ある記者もいつも、同じ感想を話していましたし、ある大作家は対談の企画でイチローが帽子をかぶったまま一度も脱ごうとしないので「失礼だ」と席を立ったそうです。

抜ければよかったのになあ…」などと思いながら、イチローに「打った瞬間は『抜けた』と思ったと思うのですが、止められて何を考えましたか」とある記者が質問しました。

イチローから返ってきた答えは、「どうでもいいことです」。
「は?」と聞き返しましたが、またしても返ってきたのは「どうでもいいことです」でした。
「何ぼなんでもその答えはないやろ!」。
それでも、こちらの心の中には決定的な印象が焼きついてしまいました。

イチローは年間ヒット数の新記録を作るなど輝かしい成績を残し、さらにメジャーリーガーとしての地位を揺るぎないものにしています。
ホームラン性の当たりを脅威のジャンプで捕球する美技。
レーザービームと呼ばれる矢のようなホームへの送球。
野球の醍醐味を見せてくれます。
その実力は野球にうるさいアメリカ人もが認め、絶賛するところです。
まさに日本の、そして日本人の誇りです。これはまちがいありません。

が、しかし、それでも私はイチローが嫌いのようです。

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

守護神ダルビッシュ!世界を震わせた20K
22歳、日本の若きエースが世界にその名をとどろかせた。
ダルビッシュ有。
“守護神ダル”が「胴上げ投手」になった瞬間だ!!
ロサンゼルスの夜空にその両腕を突き上げた。
ウイニングボールを手にした城島と固く抱き合うと、1メートル95の長身は歓喜の輪にのみ込まれた。

「窮地に立たされたことも、みんなで盛り上がったこともあったけど、勝って全部が報われた。」

5試合で計214球。
「僕が勝利投手です…」。
ダルビッシュはそう言って先発・岩隈に苦笑いで頭を下げた。

決勝戦、3-2リードの九回、再び“守護神”としてマウンドにあがった。大会を通じて“一人3役”でフル稼働。藤川から調整法などアドバイスを受けながら、人生初の大役を全うした。3月24日生まれの長男へ「世界一」という最高のプレゼントも贈った。

世界一をつかんだ歓喜の瞬間は、日本時間の24日午後2時半過ぎ。転がり込んだ白星は、くしくも1年前の3月24日、午後2時1分に誕生した長男へ最高の誕生日プレゼントになった。2回1失点も5奪三振、MAXは球場のスピードガン表示で100マイル(約161キロ)をマークした。
最後は鄭根宇(チョン・グンウ)をスライダーで三振斬り。
20奪三振は1大会の最多記録だ。
延長十回、イチローの勝ち越し打が飛び出す。同点に追いつかれたが、十回はきっちりと抑え、サムライジャパンを歓喜に導いた。

セレモニーの後、スタンド最前列にいた夫人の紗栄子さん(22)から「お疲れさま」と声をかけられると、顔をくしゃくしゃにした。
「1点取られたとき、なんて奥さんと顔を合わせよう、と思っていたんですけど…。最後は勝ててよかった」。

テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

藤原紀香と陣内智則の離婚問題・・・
藤原紀香(37)と陣内智則(35)の離婚問題。


陣内智則の母親も
いい夢を見させてもらったことに感謝したい。藤原紀香さんを応援したい。」と述べている。藤原紀香の母、貞子さんは19日、「娘は2人や3人なら大目に見るが…あまりのひどさに我慢できない」と言い放った。

若い女性は『女に格差はない、誰であろうと寝れば浮気だ』という概念がしっかりある。アフリカ滞在中の紀香に代わる義母の強烈な一撃に陣内智則は同夜、「僕のだらしなさが原因。」と。。

「離婚という言葉が夫婦間で出てきたとき、夫はまだ修復ができると思う人が多いが、妻はすでに決意していて後戻りはない」と専門家は言う。離婚届は、すでに2人の印鑑が押されたものを藤原紀香の親族が保管し、近く提出されるなどの情報がある。

陣内智則の母親は「(息子へ)体に気をつけて、過去を振り返らずに仕事を頑張ってほしい」と、既に過去形発言だ。藤原紀香の母親が19日、陣内智則の派手な女性問題を暴露したことで、離婚への流れは不可避の様子。

美女とお笑い芸人の格差婚カップルは、浮気された妻からの三下り半という、ありふれた理由で終わりを迎える。

夫婦問題に詳しい専門家によると、働く妻にとって「浮気」は絶対に許せない行為だという。いくら陣内智則が平謝りしてやり直そうと訴えても、もう手遅れなのだ。
陣内智則は、「悪いのは全て僕です」とメディアに送ったファクスで白旗を上げた。羨望と注視を集めた芸能人カップルの破局から、改めて教えられるのは、

結婚届と離婚届の間にある、暗黙の掟…。
「心も傷つくがプライドも大きく傷つく」と藤原紀香の心境を推測する。

20日には陣内智則の父親も、両家で今月、離婚の話し合いをもったことを明かした。家族カウンセラーの評論家は「妻にとって癒やし系のはずの夫が、女の尊厳を傷つけるストレス源になった時点で、破局は始まるのは当然」と話す。

今の30代キャリアウーマンは、家柄や経済力の差にとらわれず、
一緒にいて癒やされるかどうか」という基準で結婚を決めるという。
藤原紀香もその例外ではなかったとみる。

藤原紀香さんには悪いところは全くございません。


テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース



365fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。